IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2014年05月29日

限定生産のご案内

posted by IRC TIRE MCJ staff at 22:10 | 情報
限定販売のご案内


無題.jpg


難所系エンデューロ専用タイヤ iX-09W GEKKOTAの限定生産を実施させていただきます。
9/6-7のCGCいけのたいら夜のエンデューロ、10/19G-NET マウントモンキースクランブルなどに参加される方などはこの機会に御注文をお願い致します。

今回の生産分から新しい仕様になります。
現行GEKKOTAのグリップ力を維持しながらサイド剛性を高め、高速域での安定性、コーナリング性能を改善しました。
JNCCに関しては第4戦以降、新仕様のGEKKOTAのみ公認タイヤとなりますのでご注意願います。


製品名
タイヤサイズ・製品名: 110/100-18 64M iX-09W GEKKOTA
※サイドウォールのiX-09Wの後に「GEKKOTA」と表示されます。

製品特徴
ガレ場・グリップの悪い腐葉土・ウッズ・木の根・砂の浮いた岩盤・沢など、従来のエンデューロタイヤではグリップしにくい、あらゆる難所で突出したグリップ性能を発揮。ヒルクライムでも性能を発揮。
適したコース: 池の平(愛知)、鈴蘭、爺が岳など

発注締切:2014年6月12日(弊社着)
販売価格: オープン

注意:
発注に関しては弊社では受付致しません。バイク販売店、パーツ販売店にお問合せ下さい。また弊社では購入先のお問合せには回答しかねますのでご了承願います。

小売店様
弊社代理店の営業担当より「専用発注書」、「製品の取扱い上の注意」を入手していただきたく宜しくお願い致します。
難所系エンデューロという特殊な用途での使用を前提としたタイヤであり、お客様に商品の特徴を把握した上でご購入いただきたい為、販売前にお客様へ注意事項の説明を宜しくお願い致します。

2014年05月21日

JEC開幕戦

posted by IRC TIRE MCJ staff at 12:54 | レースレポート
DSC_0025.jpg


5月18日にJEC(全日本エンデューロ)の開幕戦が開催されました。
場所は広島県安芸高田市にあるテージャスランチ。

DSC_0033.jpg



広大な牧草地を利用したコースで、エンデューロレースとしては珍しく高台からコースが見渡せる素晴らしいロケーションです。

当日の天候は晴れ、気温も30度を超えるような暑さでした。


開幕戦という事でIAライダーの集合写真。

DSC_0095.jpg

最近上空から撮影された動画がネットでも見れるようになっていますが、こんな形のヘリ?で撮影しているのですね。

DSC_0136.jpg

実際に撮影された動画がYOU TUBEでもアップされていましたのでこちらでも紹介させていただきます。





JEC開幕戦に参戦したIRCのサポートライダーはIA:和泉拓選手、小菅浩司選手、IB:柳原博一選手、難波剛治選手、小菅泰輝選手、NATIONAL:大和芳隆選手 WOMEN'S:難波美和子選手

その他DIRT SPORTS誌の宮崎さんもIRC製品を装着し、レースに参戦してくれています。

DSC_0058.jpg


DSC_0068.jpg


DSC_0071.jpg


DSC_0079.jpg


DSC_0161.jpg


DSC_0365.jpg


和泉拓選手はこの難しい設定のルート・テストを快調に走行していたが、テストで走行中キャンバーから5mほど転落。そこへ自分のバイクが降って来てしまい、左膝、その他全身を強く打ちリタイヤとなってしまいました。
調子良かっただけに残念。

DSC_0200.jpg

今年からサポートしている小菅選手はフロント、リア共にiX-09Wで参戦。
レース途中にも「調子良い!」と順調にレースを進め、6位。

DSC_0273.jpg


そして驚きのIBクラス。何と1-3位が全員IRC製品装着でした。

DSC_0450.jpg


JECの前週の爺ヶ岳でもAクラスで優勝した熊本悠太選手がF:VE35 R:VE33を使用して下さり優勝。
今季IBに昇格して優勝とは本当に凄い事です。

DSC_0325.jpg

続いて2位は長年お付き合いいただいている柳原博一選手。
最近メキメキと力をつけてきており、GEKKO-ONEでも12位と難所も得意とする選手ですがJECでも2位獲得です。

そして3位は小菅泰輝選手。
泰輝選手も今年IBに昇格したばかりの選手ですが、クロステストではお父様であるIAの小菅浩司選手に完勝とお父様も悔しがるほどの速さで今後も期待です。




NATIONALクラスの大和芳隆選手は出発前夜にマシントラブルが発覚し、夜通し修復作業をした様でしたが、レース中ガソリンの消費が異常に早く途中でガス欠となりリタイヤとなってしまいました。

宮崎氏選手はフロントにiX-07S, リアにTR-011ツーリストを装着し参戦。
あまりにも暑く過酷な状況だったため途中で体力を消耗してしまい12位となりました。


最後はWOMEN'S

いつも表彰台に上ってくれる難波美和子選手。

DSC_0418.jpg

拝んだり、お布施したり、ご利益があったようですね。

ドライのテージャスランチではVE-33もTR-011ツーリストもどちらもグリップしてくれて良かったとのお声を多数いただきました。またGEKKOTAで参戦して下さった方もいらしたので30度を超す暑さでコンパウンドがグニャグニャになるのではと心配していましたがしっかりと走ってくれたようです。
IRC製品をご使用いただきました皆様、ありがとうございました!


参戦者の皆様、JECの中西様初め運営サイドの皆様、暑い中コース開拓に携わった皆様、お疲れ様でした。







2014年05月20日

JNCC 第3戦爺ヶ岳

posted by IRC TIRE MCJ staff at 16:14 | レースレポート
5月11日(日)に長野県大町市にある爺ヶ岳スキー場でJNCC第3戦が開催されました。

DSC_0002.jpg

JNCCはタイヤ公認制の絡みもあり今年から協賛をしている日本最大のクロスカントリーレースで、その中でも爺ヶ岳は人気がありエントリー数は585台だった様です。

車両メーカー、タイヤメーカー、販売店などの出展もあり多いに盛り上がったレースでした。

DSC_0184.jpg



今回JNCCにはIRCサポートライダーはCOMP GP AA2に森耕輔選手、COMP GP Aに水上泰佑選手が参戦。水上泰佑選手は今年はJNCCにフォーカスし赤ゼッケンを狙っているとの事です。


森選手

DSC_0179.jpg


DSC_0229.jpg


水上選手

DSC_0223.jpg


DSC_0263.jpg


森耕輔選手(F:BR-99, R:GEKKOTA)は5ラップ目には2位まで浮上し快走するも、ガレクライム助走付近で加速中、リアタイヤが石に弾かれ転倒。背中と頭を強打してしまい残念ながらリタイヤとなりました。

Aクラスの水上泰祐選手(F:iX-07S R:GEKKOTA)はスタートでエンスト、列の最後尾からのスタートであったが見事2位獲得。爺ヶ岳の有名ポイント、ガレクライムではゲコタのお陰で全周ノーミスで登頂したとの事でした。

DSC_0385.jpg


この他にも上位入賞者の多くの方々にIRC製品を装着していただいておりました。
ありがとうございます。

COMP GP AA2 1位GEKKOTA
COMP GP A 1位GEKKOTA
COMP GP R 1位TR-011ツーリスト
FUN GP FA 1位GEKKOTA
FUN GP WA 1位GEKKOTA
FUN GP WD 1位 GEKKOTA

COMP GP A優勝の熊本悠太選手は難所系エンデューロ(G-NETやCGCなど)でも活躍中のライダーで、IRCロゴを入れたグラフィックを制作してくれていました!
水上泰祐選手は第2戦でも熊本選手に負け2位だったのでとても悔しそうでした。。。
鈴蘭の戦いも楽しみですね。

DSC_0326.jpg

DSC_0349.jpg

熊本選手、ありがとうございました!

MCFAJ 第4戦 軽井沢 リザルト

posted by IRC TIRE MCJ staff at 11:28 | レースレポート
5月11日に軽井沢モーターパークで開催されたMCFAJクラブマンモトクロス第4戦のリザルトです。

GPクラスでは伊田井佐夫選手が優勝。

1404_0702.jpg


1404_1440.jpg

そしてSE150クラスでは全戦優勝中の大塚恭之介選手がまたしても優勝。
タイヤは前後ともiX-09Wをチョイス。


1404_0422.jpg


1404_0919.jpg


大塚選手.jpg


E150クラスでも加藤貴理選手が4戦連続優勝中です!


1404_0427.jpg


写真提供:PHOTO HUNTER様