IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2018年06月29日

いよいよG-NET戦が開幕。ハイスピード設定の斑尾でVE-33s GEKKOTAがその真価を発揮した

posted by IRC TIRE MCJ staff at 16:17 | レースレポート
CGCハードエンデューロ選手権
斑尾ハードエンデューロ(G-NET併催)
日時:6月2〜3日
会場:長野県斑尾高原サンパスティックスキー場跡地
天候:晴れ
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:アニマルハウス

CGCハードエンデューロ選手権第2戦は、昨年会場の都合で中止となった斑尾高原サンパスティックスキー場で開催された。土曜日にはフリー走行と、G-NETレース。日曜日にはCGCさわやかクラスと、G-NET併走ゲロゲロクラスのレースがおこなわれた。

IMG_2958.jpg

天候は晴れ。コースコンディションもよく、路面はほぼ完全にドライ。しかし、ゲレンデにはつきものの、水が溜まる谷地は存在し、さわやかクラスではタイヤを取られてスタックするライダーが渋滞を発生させた。また、G-NET戦とCGCゲロゲロクラスでは濡れた岩が積み重なる沢も設定され、走りごたえのあるレースとなった。

IMG_2242.jpg

土曜日に開催されたG-NETレースではゲレンデに下向きに停車した状態でスタートフラッグが振られた。ライダーはその場で180度ターンし、助走のないゲレンデヒルクライムからレースはスタート。ほとんどのライダーがスタックする中、颯爽と駆け抜けたのが鈴木健二だった。

IMG_2349.jpg

そこから終盤まではハードエンデューロとはいえ、トップライダーにとってはさほど失敗するようなセクションもなくハイスピードレースの様相を呈した。初日は1周の速さを競うレースで2周目には突入しない。チャンピオン高橋博も最初のヒルクライムで鈴木につけられた差を1周で埋めるのは難しく、初日を3位で終えた。

IMG_2446.jpg

また、和泉拓は8位、泉谷之則は12位。昨年ランキング2位の熊本悠太は悔しくもマシントラブルでDNFとなった。

IMG_3367.jpg

翌日、CGCゲロゲロクラスと併走する形でG-NETレースも2日目が開催。3時間の耐久レースで、初日とはまた違ったコースが設定された。今回は2日間の合計ポイントで順位が決まる。1周目スタートでうまく前に出た和泉拓が3位を走行。少し遅れて高橋博、熊本悠太がそれを追いかける形に。

IMG_3417.jpg

高橋は苦手なハイスピードコースながら全力でプッシュを続け、3時間で7周を周回。2日目を3位で終え、総合順位は4位となった。

IMG_3964.jpg

次に約半年ぶりのまともなレースという和泉。一周目のリードを生かし、最後は先行を許していた泉谷之則をパスし、5位でチェッカー。続いて6位に泉谷。

IMG_3884.jpg

DAY1をマシントラブルでリタイヤしていた熊本悠太は2日目も5周目に前後ブレーキを失い、12位という結果に。

高橋博
チームベータIRCエンジョイズ
BETA X-TRAINER300
前:iX-07s(ムース)
後:VE-33s GEKKOTA(空気圧0.25kgf/㎠)
「初日はスタートの坂で出遅れてしまって、頑張って追い上げたのですが届きませんでした。2日目はハイスピードレースでミスするようなところもなかったので、ムースを入れるなどしていればもっと攻めて走ることもできたのですが、ちょっと作戦ミスだったかも知れないですね。タイヤは沢やキャンバー、湿ったヒルクライムとかでも良くグリップしてくれましたし、谷地でもブロックが高いので、グイグイ進んでくれました」

和泉拓
TeamBeta ストレンジIRC
BETA X-TRAINER250
前:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.6kgf/㎠)
後:VE-33s GEKKOTA(空気圧0.4kgf/㎠)
「2年前にiX-09W GEKKOTAで斑尾を走った時に比べて、沢の中の粘土質でのグリップが全然良くなっています。自分が久しぶりのレースだったのもあって、タイヤのグリップに身体が追いつかなくて大変でした。フロントのゲコタも、沢の下りや濡れた斜め丸太とかで絶対滑らないので、安心して走ることができました。特にやはり沢の下りですね。勢い良く飛び降りないといけないようなシーンでも、フロントブレーキをかけた時に滑らずに、しっかり止まってくれます。おかげで久しぶりのレースを楽しんで走ることができました」

泉谷之則
チームベータIRCシルバラード
BETA RR2T300
前:iX-07s(空気圧0.8kgf/㎠)
後:VE-33s GEKKOTA(空気圧0.3kgf/㎠)
「VE-33sは沢でも谷地とかマディなところでもグリップが良くて、だいぶ助けられました。コシがあるのでゲレンデの登りのようなハイスピードなところでも大丈夫ですし、減りも少ないです。スタートで出遅れてしまったのですが、徐々に順位をあげていくことができたので展開はよかったと思います。ハイスピードレースの練習にクロスカントリーにも出るようにしているので、それが活きたと思います。最後にゲレンデの下りで和泉選手に抜かれてしまったので、まだまだスピードをつけないといけないですね」

熊本悠太
Team BETA バイカーズベア
BETA X-TRAINER300
前:iX-07s(ムース)
後:VE-33s GEKKOTA(ムース)
「今日はハイスピードレースになると思いましたので、リアは0.9kgf相当のムースを入れたVE-33sを使いました。もうこのタイヤしかないかなってくらい良くグリップしてくれます。初日はスタートで出遅れて追い上げのレースだったのですが、タイヤが逃げることがなく、自分の行きたい方向に乗せていくことができたので、最後の沢に着くまでほぼノンストップで走ることができました。
2日目は調子が良くて一時は2位まで追い上げたのですが、途中でリアブレーキペダルが曲がってしまい、フロントのみで走っていたらフロントも効かなくなってしまいました。最後は沢をブレーキなしで降っているところで熱中症になってしまい、リタイヤしました。次の広島は地元なので、入賞を目指したいと思います」