IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2018年06月13日

アクシデントが続いたJNCC爺ヶ岳、IRC招聘ライダーA・マロニーの走りが人々を魅了した

posted by IRC TIRE MCJ staff at 10:53 | レースレポート
JNCC第5戦ジョニエルG
日時:6月10日
会場:長野県爺ヶ岳スキー場
天候:晴れ
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:アニマルハウス

日本最大級のクロスカントリーレースJNCCは数百台のエントリーが集まる人気イベント。その中でも特に人気があるのがこの爺ヶ岳スキー場でおこなわれる大会だ。

_MG_1760.jpg

今回はIRCタイヤのサポートライダー、アンソン・マロニーがアメリカから来日参戦し、2016年にルーキーながらAA1クラスを騒がせた斉木達也が今年初参戦と、話題の多いレースとなった。

_MG_2396.jpg

爺ヶ岳はガレ場が多いのが特徴で、特にファンガレ、コンプガレとクラス名がつけられた長くガレたヒルクライムは観客も多く詰めかける見応え、走りごたえのあるセクションだ。しかし今回は怪我防止のためもあってレース前に重機が入り、ガレを整地。特にファンガレでは例年の渋滞も少なく、比較的ハイスピードなレース展開になった。

_MG_2140.jpg

_MG_2155.jpg

最上位クラスのCOMP-AA1クラスに出場したマロニーは4〜5番手で1コーナーに進入。ホールショットを奪った石戸谷蓮のすぐ後ろについてゲレンデを駆け上がっていくとすぐにトップに立ってレースをリードした。

_MG_2474.jpg

圧倒的なスピードで、迫り来るライバルを寄せ付けず、唯一マロニーを追ってスパートをかけていた小池田猛も3周目にクラッシュし、戦列を離れた。しかしレース開始一時間、誰もがマロニーの優勝を確信していたその時、突然マロニーがコーステープを潜ってパドックに戻ってきた。ウッズの中で足を強打し、右脛骨を骨折してしまったという。マロニーはそのまま救急搬送され、残念ながらレースはリタイヤとなったが、その走りと心優しく親しみやすい人柄は多くの日本人ライダーの心に強く印象づいた。

_MG_2655.jpg

_MG_3185.jpg

フル参戦で表彰台を狙う出口隼飛は一周目の2コーナーでフロントホイールのスポークが折れるトラブルに見舞われた。その修理に時間を費やし一時はクラス11位まで順位を下げるも、そこから必死の追い上げをかけ最終的には7位でチェッカー。総合でも8位に入った。

_MG_2216.jpg

_MG_2718.jpg

また、今シーズン初出場となった斉木達也もマシントラブルに悩まされた。レース中盤でサスペンションが動かなくなってしまい、思うようにペースが上げられず、さらに2時間を経過したあたりでリアタイヤのブロックがなくなってしまい、戦線を離脱した。

Maloney Anson
IRC TIRE RACING
KTM 250EXC
前:iX-09w(ムース)
後:VE-33s GEKKOTA(ムース)
「JNCCのみなさんはとても歓迎してくれて、僕はとても楽しい時間を過ごすことができました。よいスタートを切ることができて、2番手を走行していましたが、すぐにトップに出ることができました。2周目には小池田選手がペースをあげて追いかけてきたのがわかりましたが、前を譲ることなくリードを広げていくことができました。しかし、6周目にウッズを走行中に足を木にぶつけて骨折してしまいました。残念ながらレースはリタイヤすることになってしまいましたが、またリベンジしたいと思っています。今回サポートしてくれたIRCタイヤのスタッフに感謝します」

出口隼飛
MHP&total Nature players
YAMAHA WR450F
前:iX-07s
後:VE-33s GEKKOTA
「今回はVE-33s GEKKOTAを使用しました。全体的にすごく良かったのですが、特にガレ場。普通ならとても走りにくい丸くて動く石で、地面を掴むようなフィーリングがすごく良かったです。トルクがある450ccのマシンはガミータイヤは柔らかすぎて合わないこともあるのですが、しっかり前に進めてくれるタイヤでした。グリップ感もあって耐久性もあるので、一般ユーザーならこのタイヤでどんなレースでもいけると思います。マイナス点が見当たらないですね。レースは残念ながら一周目にマロニー選手を全力で追いかけていたら2コーナーでフロントホイールのスポークが折れてしまって、そこから頑張って追い上げましたが、7位でした」

斉木達也
モトピットヒオキ&オシャレイカチ
HONDA CRF450R
前:iX-09w(ムース)
後:VE-33s GEKKOTA(ムース)
「今回は新しいVE-33s GEKKOTAを試してみたのですが、僕は普通のiX-09w GEKKOTAの局所的な強さのほうが好みかもしれません。レース前半はゲレンデもガレもウッズも全部良かったのですが、450ccモトクロッサーのパワーで開けすぎてしまうと、iX-09w GEKKOTAほどの驚異的な耐久性を保持できないかなと思います。ただ、ほとんどのライダーはブロックが飛んでいないので、ごく一部のトップライダーが3時間のクロスカントリーで使うには厳しいかな、という程度。今回はサスペンションの調子が悪くてレースはリタイヤになってしまいましたが、出られたら最終戦にまた出たいと思います」