IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2004年08月21日

開発者インタビュー[1]WF-920

posted by IRC TIRE MCJ staff at 15:07 | 開発者インタビュー
man01.jpg
カスタムメイドのマスターピース[WF-920]。
アメリカンバイクのワイルドなイメージにぴったりフィットするド派手なファイアパターンは見る者全てを魅了する。ほかではおよそ類を見ない。それまでのタイヤのイメージを一変させたといっても過言ではないだろう。ここでは[WF-920]の“誕生”と“これから”の話をしよう。


2004/08/21 インタビュアー:豊川 大



「社内会議では、まったく相手にされませんでしたよ(笑)」

アメリカンに乗るバイカーにとって、ハーレーダビッドソンは特別な存在だ。IRC国内営業部の北村氏にとっても、それは同じこと。12年前に、その憧 れのハーレーを手に入れた。以来、休日には美しい鉄の馬にまたがり、よくツーリングに出かけるそうだ。タイヤを見ると[WF-920]のクールなファイ アパターン。
「実は私も、コイツには一枚噛んでいるんですよ」と、北村氏は少し照れくさそうに笑った──。

 10年前、1本のタイヤが世に出た。それが[WF-920]の前モデル[WF-910]だ。このタイヤの生みの親のひとりが、他でもない北村氏なので ある。ある日、ハーレーユーザーとしてこんなタイヤがあったら、という思いを会議で提案してみた。ハーレーといえばアレン・ネス*1。アレン・ネスといえばフレアーパターンという見た目重視のストレートな発想から、タイヤに炎のパターンはできないか、と。スケッチを描いて会議にのぞんだが、結果は…。
wf-910.jpg

「全く相手にされませんでしたね(笑)。カッコイイけど絵空事だって」

当時はもちろん、現在でもファイアパターンのタイヤなど皆無に等しい状態。売れるか売れないか分からないものに、企業としてはゴーサインを出すわけにはいかない。「でも、スケッチを見た設計士がオモシロイってことで、ひとり突っ 走って金型まで作っちゃったんですよ」。で、そこからはアレよアレよという間に話が進み、製品化にまでこぎ着けたという。「ある意味、おおらかな時代だったんでしょうね」と氏は懐かしそうに目を細める。

その後、[WF-910]をさらに進化させたモデル[WF-920]が登場。ワイルドさはそのままに、細かくサイプを加えたり、コンパウンドの配合を 変えたりして、より一般ユーザーにも受け入れやすいタイヤとして機能性を充実させた。サイズバリエーションも増え、アメリカンだけでなくFTRなどのトラッカーにも装着することも可能となった。「IRCのタイヤは毎日進化しています。さまざまなテストを繰り返し、データを取り、それをまた製品に反映す る。それの繰り返しがユーザーのニーズに応える近道ですから」。北村氏によると、今年また新たな動きが[WF-920]の周辺で展開されるらしい。おそ らくマイナーチェンジはあるものの、ファイアパターンは受け継がれるだろう。“進化する炎──”。それを支えるため、北村氏は今日も「残業ですよ…(苦笑)」。
wf-920.jpg

*1マニアからはゴッドとも称されるハーレーカスタムのトップビルダー。ハーレーをベースに世界でたった1台のカスタムバイクを世に送り続けている。

wf_logo_old.gif
初代「WildFlare」マーク。タイヤのサイドにも入っている。

wf_logo_new.gif
2代目「WildFlare」マーク。よりワイルドな炎パターンになった。