IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2005年08月10日

開発者インタビュー[3]SLR-93

posted by IRC TIRE MCJ staff at 15:45 | 開発者インタビュー
man02.jpg
去る8月6日(土)・7日(日)、鈴鹿サーキットで『ドリームカップ・ソーラーカーレース鈴鹿2005』が開催された。このレースはFIA(国際自動車連盟)が公認する唯一のソーラーカーレース。まさにソーラーカーレースの最高峰と言える。14年目となる本大会では、IRCの【SLR93】を装着した芦屋大学ソーラーカープロジェクト(A)チームが見事優勝! その【SLR93】の開発に関わったのが、IRC開発技術部の製品開発グループのひとり、草野仁美だ。

2005/8/10 インタビュアー:豊川 大



ソーラーカーレースの足下を支えるIRCの技術。

ecorun_img01.jpg

2000年、IRCは金沢大学から依頼を受け、ソーラーカーレース用タイヤの共同開発に着手した。その共同開発スタッフの中に、草野の姿があった。共同開発以前は、自転車用の「エコラン」タイヤがソーラーカーレースの主流だった。しかし、「ソーラーカーのマシンは近年著しく性能がアップしました。マシンの性能アップにともない、ソーラーカー専用のタイヤが必要とされたわけです」と、彼女は語る。
 どんなレースもそうだが、ソーラーカーレースにとってタイヤは特に重要だ。ガソリンを使うエンジンと違い、太陽電池から生まれる電力によって車を走らせるので、エネルギーロスをいかに減らすか 勝負の分かれ目となる。それゆえ、タイヤには軽量化が求められると同時に、転がり抵抗を低減させることも必要だ。加えて、「マシンの性能が上がることで、最高時速も飛躍的に伸びました。となると、軽量化・低転がり抵抗だけではなく、今度は耐久性も重要なポイントとなります」。タイヤを軽くして転がり抵抗を低く抑えることと、耐久性をアップさせることは、求められるベクトルがまったく逆。そのため、ソーラーカー用タイヤには非常にシビアなバランスが必要となる。
 共同開発プロジェクトをスタートさせて金沢大学とともに試行錯誤を重ねること約1年、ようやく【SLR93】は完成にこぎ着けた。デビュー戦は2001年8月3日。秋田県大潟村で開催された全日本ソーラーカーチャンピオンシップ(JISC)で見事優勝、同時開催のワールドソーラーカーラリーでは準優勝という快挙を成し遂げた! また、同年11月にオーストラリアで開催されたワールドソーラーチャレンジでは総合10位という好成績を収めた。
slr93.jpg
「開発はとても大変でしたけど、結果を出せたことで達成感はありましたね」と草野は嬉しそうに歯をのぞかせる。1年間の試行錯誤の甲斐があってか、IRCの【SLR93】は、金沢大学は当然ながら、他のチームにも採用されるようになった。「ただ、レースの前はいつも大変なんです。ソーラーカー用タイヤは構造がシビアですし、量産するものでもありませんから、毎回1本1本手作業で作ってるんです。今回の鈴鹿では丸2日間、タイヤを作り続けました」と。「でも、そうやって手作業で作ったタイヤだからこそ、レースで結果が出ると本当にヤッター!って感じですね(笑)」。
 最後に、【SLR93】の「93」は、実は草野という名前をあてて「93」にしたということだ。一種のシャレなのだが、それにも増して、彼女の魂が【SLR93】には込められているのだと、筆者は思うわけである──。


【SLR93 鈴鹿仕様】についてのご報告

 すでにご存じの方も多いとは思いますが、ソーラーカー・ドリームカップ鈴鹿でIRCの【SLR93 鈴鹿仕様】にトラブルが発生したことをご報告します。ソーラーカーが飛躍的に進化するハイレベルなレースで、【SLR93 鈴鹿仕様】の完成度が今一歩及ばなかったことは否めません。IRCでは今回の結果を踏まえ、来期に向けた新プロジェクトが現在進行中です。来年の鈴鹿では、より完成度の高い新生【SLR93 鈴鹿仕様】をお見せできるはずです。まだ先の話にはなりますが、どうぞよろしくお願いいたします。