IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2017年05月19日

JNCC第3戦で斉木達也がゲコタで好成績をマーク、G-NET王者の高橋博も参戦

posted by IRC TIRE MCJ staff at 12:24 | レースレポート
JNCC第3戦ワイルドボア鈴蘭
日時:5月14日
会場:岐阜県鈴蘭高原スキー場
天候:晴れ
コンディション:マディ
PHOTO&TEXT:稲垣正倫

JNCCは日本国内で最大級のエントリー数を誇るクロスカントリーレース。今大会も400名を超えるライダーが鈴蘭高原スキー場に集まった。鈴蘭高原スキー場は岐阜県高山市に位置する閉鎖されたスキー場で、毎年このレースの時だけ入ることができる。

IMG_0885.jpg

レース前日の土曜日には下見ツアーや試乗会が予定されていたが、大雨の影響で試乗会は中止。コンディションの悪化を予測して急遽タイヤを交換するエントラントもいた。

そんな中、昨年ランキング2位の斉木達也はiRCのiX-09W GEKKOTAをチョイス。昨年、第4戦の爺ヶ岳スキー場で斉木の優勝を支えたタイヤだ。

_Q6T8236.jpg

斉木は一周目から攻めの走りを見せ、チャンピオン小池田猛に果敢に挑んでいった。鈴蘭高原のガレた登りやキャンバーに、ゲコタの特性がよくマッチしたという。

_Q6T9728.jpg

周回が進むにつれてコースの所々でスタックする周回遅れのライダーにラインを限定され、路面は堀り返されてツルツルの土質に。斉木は惜しくも表彰台に届かず4位となったが、勢いのあるライディングで自身の復調とゲコタの底力をアピールした。

また、iRCのサポート、開発ライダーでもあるG-NETチャンピオンの高橋博も斉木と同じCOMP AA1クラスに出場した。
_Q6T8233.jpgIMG_2139.jpgIMG_2985.jpg

高橋が普段出ているハードエンデューロレースとは違い、3時間のレース時間中、ほとんど休めるところのないハイスピードなクロスカントリーではあるが、前日の雨で難易度を増したコンディションが、難所を得意とする高橋には有利に働いた。

_Q6T8692.jpg

鈴蘭のコースには「ショータイム」と呼ばれ、大幅なショートカットになる急なヒルクライムがある。そこで高橋は他のライダーと異なる、より難易度の高いヒルクライムに挑戦して魅せ場を作ると、コンディションが悪化したレース後半、他のライダーが「ショータイム」に挑戦せず迂回するようになってからも果敢に挑み、徐々に順位を上げていった。最終的にはクラス15位、総合19位でレースを終えた。

斉木達也
KTM Japan Racing
KTM350SX-F
後:iX-09W GEKKOTA

「ラスト3周までは3位についていたのですが、そこで埋まってしまい、抜かれてしまいました。とくに前半はゲコタがすごくよくグリップしてくれて、良い走りをすることができたと思います。レース終わっても山は全然残っていたので、耐久性も抜群ですね。今回は勝つことができませんでしたが、やっぱり石が多いステージはゲコタがとてもよいので、次の爺ヶ岳も使用したいと思います」

高橋博
チーム Beta enjoys
Beta RR2T300
前:iX-07S
後:iX-09W GEKKOTA

「今回は来月のG-NET広島対策という意味もあって、いろいろテストしたいことがあったので、久しぶりにJNCCに参戦しました。試しにムースを履いてみたのですが、普段チューブで練習しているもので、だいぶ乗り心地が変わってしまって苦労してしまいました。リアは去年のG-NET北海道で使ったムースで体感だと0.25位の圧でした。難所などではよかったのですが、ハイスピードのところでパンクしたみたくヨレてしまいました。ムースの研究不足ですね。
 レース自体は苦しかったですけど、以前出た時よりも進歩しているのが感じられました。ハイスピードのセクションで後ろから速いライダーに抜かれることもありましたが、そのぶん難所ではうまくすり抜けて前に出ることもできました」

2017年05月09日

JEC開幕戦、荒川一佳が好成績! iRCが大会トップシェアで席巻

posted by IRC TIRE MCJ staff at 17:23 | レースレポート
JEC 開幕戦 広島大会
日時:5月7日
会場:テージャスランチ
天候:晴れ
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:稲垣正倫

全日本エンデューロ選手権の2017年開幕戦は、例年通り広島県テージャスランチで開催。天候に恵まれ、完全ドライな路面コンディション。JECインターナショナルクラスに義務づけられるFIM規格の中でも、特にドライコンディションに定評のあるiRCのBR99をチョイスするライダーは多く、今戦4位に入った石戸谷蓮もこのレースのみBR99をチョイスしたほど。リアタイヤで見ると、iRCを装着したライダーは全体の37%で圧倒的なトップシェアを誇っている。
_MG_5900.jpg

iRCのサポートライダーでは荒川一佳が7位。今大会ではテスト区間がテクニカルなウッズや沢で構成されており、今年から乗り換えたシェルコのマシン特性が活きた結果だ。
_Q6T6374.jpg


また、続く8位には同じくiRCサポートライダーの熊本悠太が入った。地元広島での活躍が期待されていた熊本だったが、荒川と僅差で安定したタイムを連発。3周目でのミスが響いて、合計タイムでは8秒差で荒川に及ばなかった。熊本は3週間前に同じテージャスランチで行われたJNCCに出場し、結果はマシントラブルで3周リタイヤだったが、好調な走りを見せていた。_MG_5680.jpg

_Q6T7311.jpg

_MG_5353.jpg

_MG_5711.jpg

また、10位に和泉拓、13位に柳原博一、16位に大川原潤、19位にIAルーキーの在原勉というリザルト。

荒川一佳
FFMC-岡山&SHERCO racing
SHERCO SE-R 250 FACTORY
前:ix-07s
後:BR-99

「テストは下りが多いテクニカルコースで、ブレーキング勝負かなと判断してリヤタイヤを逆方向にして使いました。カチカチ路面のブレーキングでは特に安定してとても良かったです。タイヤのブロック飛びもなく、あと数回はテストを走れるくらいタイヤの山が残っていました。
フロントには使い慣れたix07sを選択しました。結果は7位、ずっと思っていた発想を本番で実践できたことで自信になりました。まだ始まったばかりなのでバイクにも早く慣れて、しっかりシリーズ通して走り切りたいです」

熊本悠太
Team BETA バイカーズベア
BETA RR2T300
前:ix-07s
後:BR-99

「今回はドライ路面のエンデューロテストになるという見込みで、フロントにix-07sを選びました。実際に走ってみたら思っていたよりハード路面で、Ix-09wも良かったかなと感じました。ムースのヘタリもあって圧が0.8くらいだったのですが、できる事ならもう少し高くしたかったですね。リヤのBR-99はとても良く、ルート、テストともに厳しいラインでも気にせず安定して走る事ができました。ホントにいつもこのタイヤに助けられています。
レースの方ですが、3周目でラインを誤り沼にハマり、脱出するのに30秒ほどロスしてしまったのが大きな敗因です。毎周パドックで順位が一つ上の選手とのタイム差を教えてもらい、あと2秒差のところまで追いついたのですが、ミスをしないよう気をつけて走った事や、前走者をパスするのに手間取ったりで、後半にタイムは上げたものの、思うようには縮まらず、目標順位には届きませんでした。
今回も課題の残るレースになってしまいました。まだまだ出来る事がありました。レースの進め方、タイヤとムースのコンディションもしっかり調整して、次戦には自信もって挑みたいと思います」

和泉拓
BETA X-TRAINER250
前:ix-07s
後:BR-99

「タイヤは前後ともとてもよくグリップしました。特にリアのBR99はクッション性が高くてコンパウンドが柔らかいから、岩や根っこで相当グリップしましたね。固いタイヤよりもルートで疲れにくかったと思います。信頼のおける定番タイヤです。
最近はスピードレースをしてないので疲れました。わりと得意なコンディションだったのですが、いまいちですね。でも順位はすごく悪いわけじゃない。
レース後半はタイヤの問題じゃなくて、路面が乾きすぎて滑るようになりました。そういうところもBR99はコンパウンド柔らかいから相性がいいと思います」

柳原博一
ダートバイクZIM-BRAINS
KTM 150SX
前:VE-35
後:BR-99

「フロントをVE35にしたのは熊本選手が前回JNCCで使って好印象だったと聞いたからです。実際、地元のエンデューロコースでテストしたら、硬くてドライの路面では結構良かったですね。フロントから滑る心配がほぼなくなりました。逆にサラサラの、バンクになったところとかにタイヤが乗ってしまうと滑りやすかった。全体的にエンデューロテストは使いやすかったです。VE35はixシリーズと比べてコンパウンドが柔らかいんですよ。タイヤのブロックがクニュって動いて、岩盤や沢の下りとかで有効なんです。
BR99はいつも使ってるんですけど、今回は沢とか硬い路面とかで非常にグリップに助けられたと思ってます」

2017年04月18日

JNCC第2戦 熊本悠太が地元の広島でフロントタイヤVE35の真価にチャレンジ

posted by IRC TIRE MCJ staff at 09:59 | レースレポート
JNCC 第2戦 ビックディア広島
日時:4月16日
会場:広島県テージャスランチ
天候:晴
コンディション:マディ
PHOTO&TEXT:アニマルハウス

日本最大級のクロスカントリーJNCCは今戦もエントリー総数300台を越える大盛況。第2戦、西日本全国大会の会場となった広島県テージャスランチはJEC全日本エンデューロやハードエンデューロG-NET戦なども開催される起伏に富んだコース。さらに前日には雨や雹に襲われ、コースはマディコンディションに。

_MG_1253.jpg

多くのライダーがコースコンディションを考慮してコンパウンドの柔らかいiRCタイヤをチョイスする中、熊本悠太もフロントVE35、リアVE33で参戦した。
熊本はスタート5〜6番手につけ、順調な出だし。多くのトップライダーが転倒する中、3周目まで転倒もなくスムーズにレースを展開をするも、ベストライン上のスタック車を避けたところ深いワダチにハマってしまい、根っこでチェーンを掬われクランクケースを破損。残念ながらレースはリタイヤとなったが、それまでの熊本のスムーズな走りは、VE33・35の広島との相性を裏付けるものと言える。

_Q6T8934.jpg

熊本悠太
Team Beta バイカーズベア
Beta RR2T300
前:VE35(ムース)
後:VE33(ムース)

_MG_1030.jpg

「今回途中でマシンを壊してしまったんですが、それまで一回も転倒しませんでした。VEは沢とかウッズでも全く問題ないですね、どこでもゴリゴリいきます。フロントはiX-07Sをチョイスすることが多かったんですが、VE35は岩とかロックセクションとかによくて、テージャスに向いてるんじゃないかと思い選びました。コンパウンドもiX-07Sよりも柔らかいし、ブロック幅も広いので、今日みたいな粘土質の、前日に雨が降って晴れた日はハイスピードになるから泥もつかないし、気に入っています。結果はちょっと悔しいので、また体力作りしてJNCCに出ようかなって考えています」

_MG_1034.jpg

2017年04月04日

オフィシャルカーが一新されました

posted by IRC TIRE MCJ staff at 13:15 | レースレポート
IRCタイヤのオフィシャルカーがデザインを一新。

スバルのレヴォーグ、トヨタのハイエースの2台で各地のイベントに参加します。

IRCのイメージカラーのレッドを基調にした、動きのあるデザイン。
新しいオフィシャルカーで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

DSC_7971.JPG

2017年01月20日

日本一過酷なハードエンデューロM.G.S.cup、高橋が2年連続で栄冠を手に

posted by IRC TIRE MCJ staff at 13:00 | レースレポート
G-NET 第1戦 M.G.S.cup
日時:1月8日
会場:佐賀県フィールド佐賀大和
天候:雨
コンディション:マディ
PHOTO&TEXT:ANIMALHOUSE

今年から「全日本選手権」となったG-NET2017。
その第1戦は昨年、チャンピオン高橋博のみが一周できたという国内最凶の異名を持つフィールド佐賀大和でおこなわれるM.G.S.cupとなった。今回はその難易度を若干下げて半分ほどにするとのことだったが、それでもやはりコースの難易度は十分すぎた。

DJI_0021.jpg

さらに前日から降った雨が拍車をかけて、一周できないライダー続出のいかにもG-NETにふさわしい荒れた開幕戦となった。

_Q6T9509.jpg

昨年のチャンピオン高橋博は、一周目の序盤に、勝負所である一つ目のヒルクライム、藤田坂で前走者をパス。そのままレース終了までトップを守り抜いた。

_Q6T0938.jpg

また、難所の一つ、大きめの岩が続く沢のセクションでは、雨で滑るところをiX-09W GEKKOTAが実力を発揮。これには高橋も「今回の沢のような場所だとやっぱりゲコタですね。あういうストップアンドゴーのセクションでは、これに勝るものはないと思います」と、思わず唸った。

_Q6T0397.jpg

高橋に続いて、2位を獲得したのは、同じくiRCサポートライダーの熊本悠太。2016年シーズンはJECで年間ランキング5位を獲得、G-NETだけでなくJECやJNCCにも参戦予定だというマルチライダーは、終始安定した走りを展開。

_Q6T0926.jpg

「セクションひとつひとつをこなしていって、自分との戦いができました」と、熊本自身も納得の結果となった。

_Q6T9782.jpg

ゼッケン3、チームG-NET/iRC/BLAZEマウンテンの河津浩二は2周を回り6位となった。

高橋博
TEAM BETA ENJOIS
RR2T300
前:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.65)
後:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.39)

「どの大会でも勝負どころっていうのはあって、今回もいくつか勝負どころは分かっていました。特に雨が降って黒土のターンが入るところはすごく難しいので、そこまでにトップになれればいいな、と。ずっとトップの後ろをついて走ってて少し焦りましたが、一周目最初の勝負どころの藤田坂で前走者が下見に入ったところを抜くことができました。
やっぱりシーズンが終わってちょっとホッとした隙に、ライバルたちが強くなってくるんじゃないかと勝手に不安になっていたところがあったので、結果が出せてよかったです。今年の予定としては、G-NETに全戦出場します。また、海外でのレースもあるかもしれません」

熊本悠太
TEAM BETA バイカーズベア with CFC
X-trainer250
前:ix-07S(空気圧0.5)
後:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.3)

「今シーズンからG-NETはクロストレーナーをおろして、他のレースはRR2Tで。タイヤとマシンに助けられて、2位を獲得することができました。トップのロッシさんは見えませんでしたけど、どこが嫌だったっていうのもないし、一つ一つのセクションをこなしていく感じで、ミスがなかったのが良かったです。
今回、ゲコタのグリップ力が素晴らしく、どんどん前に進むので、僕の動きが逆に遅れているぐらいでした。タイヤのセレクトがバッチリ決まりましたね。2017年シーズンは、JEC全戦、G-NETはできるだけ、JNCCも何戦か参戦予定です。モトクロスの練習もして、また良いところで走れるよう頑張りたいと思います」