IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2012年10月02日

モーターサイクル用天然ゴム製チューブについて

posted by IRC TIRE MCJ staff at 16:43 | 情報
タイ市場向けモーターサイクル用
天然ゴム製チューブについて


この度、当社と全く関係の無い輸入業者による通販ルートにおいて、弊社タイ工場がタイ国内補修市場向 けに販売しておりますモーターサイクル用天然ゴム製チューブの日本国内販売が確認されました。

当該天然ゴム製チューブは、当社にて日本国内市場向けに販売しておりますブチルゴム製チューブに比べ、 空気保持率において下記グラフが示すとおり25%程度しかありません。 (2.7kgf/㎠から2.0kgf/㎠に減少するのに、ブチルゴム製チューブは65日かかるのに対し、天然ゴム製チューブは15日程度です)

したがって、当該天然ゴム製チューブをお使いの場合に、これについての頻繁なタイヤ空気圧点検・維持管理を怠りますと、タイヤの低圧走行により重大事故を引き起こす原因にもなりかねません。

お取扱店、ならびに、消費者の皆様におかれましては、この事実をご承知頂き、頻繁なタイヤ空気圧点検及び維持管理が行われない状況での当該天然ゴム製チューブの使用は、直ちに中止いただけますよう、お願い申し上げます。

(注)ブチルゴムとはゴム種の中で、空気透過性の最も低い性質をもつ合成ゴムです。


現物のパッケージ見本
thai_tube01.jpg

thai_tube02.jpg

graf.gif

2012年05月21日

リアカーマン 吉田さんからの報告

posted by IRC TIRE MCJ staff at 14:23 | 情報
以前紹介させて頂きましたリアカーマンの吉田さんより素敵な写真と近況報告が届きましたので紹介させて頂きます。

IMGP2246.JPG

徒歩で地球一周に挑戦中の吉田正仁です。

諸事情により4ヶ月アデレードで足を止めておりましたが、4月1日より歩行を再開し、現在はオーストラリア中央のアリススプリングスにおります。
先日、徒歩でウルル(エアーズロック)へ辿り着く事ができました。

オーストラリア縦断は北端のダーウィンで終了します。
残り1500キロ程ですので、1ヵ月半で終了。その後アジアへ戻り、上海を目指し、地球一周を果たしたく思っております。

オーストラリアでは無人地帯がとても長く、最大250キロ、それ以外でも普通に100キロ、150キロは何もない所を歩くという事を繰り返しています。
常に水、食料を所持しておく必要があり、これまでで最重量の荷物を積んでいます。

またオーストラリア縦断を終えた際にはご連絡させていただきます。


吉田正仁

2012年04月19日

IRCポケットカタログ

posted by IRC TIRE MCJ staff at 16:42 | 情報
IRCポケットカタログが完成しました。

MCJ2012ホ_ケロク_色校正後ALL0001.jpg

オートバイ誌5月号の付録にもなっておりますので是非購入して下さい。


正誤表

@P5 新製品RX-02 フロントタイヤの写真が天地逆になります。

AP7 310407 110/80-17M/C RX-01のコードが110408へ変更になりました。
(A4カタログでは正しく記載されます)

BP14 301677 3.00-19 WF910は廃止、301956 3.00-18 WF910が残ります。
(A4カタログでは正しく記載されます)


A4カタログは今月末には完成予定です。



2011年11月17日

ZERO MOTORCYCLE

posted by IRC TIRE MCJ staff at 10:40 | 情報
HONDA CBR250RやKAWASAKI NINJA250などに純正装着されている


IRCのRX-01(日本製)がこの度ZERO MOTORCYCLEのストリートモデル


ZERO Sに純正装着される事になりました。


ZERO MOTORCYCLEはアメリカのサンタクルーズに拠点を置く


電動バイクメーカーです。


カリフォルニアのScotts Valley Police Departmentが、


Zero DSというモデルを市街地警備用に採用するなど注目を集めています。


ホームページはこちら

ZERO MOTORCYCLE