IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2017年04月17日

4月5月のイベント出展のご案内

posted by IRC TIRE MCJ staff at 17:50 | イベント案内&レポート
4月、5月のイベント出展のご案内です

オートバイイベント
5月7日
エンデューロ JEC 第1戦 広島 広島県

5月14日
エンデューロ JNCC 第3戦 鈴蘭 岐阜県

5月27日
2りんかん祭りWEST 奥平スキー場 滋賀県


自転車イベント
4月22-23日
マウンテンバイク Coupe du Japon(クップドゥジャポン)やわたはま国際 愛媛県

4月23日
ロードレース クリテリウムみやぎ 宮城県

5月4-5日
マウンテンバイク Coupe du Japon(クップドゥジャポン)びわこ高島 滋賀県

5月5-6日
エコランレース World Econo Move 秋田県

5月20-21日
マウンテンバイク セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 長野県

5月21-28日
ロードレース ツアーオブジャパン(TOJ)


その他イベント
NAVI CAFE MEETING(ナビ カフェ ミーティング)ブランシュたかやまスキーリゾート 長野県

2017年04月04日

オフィシャルカーが一新されました

posted by IRC TIRE MCJ staff at 13:15 | レースレポート
IRCタイヤのオフィシャルカーがデザインを一新。

スバルのレヴォーグ、トヨタのハイエースの2台で各地のイベントに参加します。

IRCのイメージカラーのレッドを基調にした、動きのあるデザイン。
新しいオフィシャルカーで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

DSC_7971.JPG

2017年03月01日

明智ヒルトップサーキット看板リニューアル

posted by IRC TIRE MCJ staff at 18:01 | 情報
岐阜県恵那市にある、ミニバイクサーキット[明智ヒルトップサーキット]の
ゲート看板がリニューアルされました。また、本日弊社グループ会社、イノアックより
クラッシュパットを納入させていただきました。
トイレ、休憩室も設置され、計測器も新しくなりました。是非、遊びに行ってください!
明智NEW看板.jpg明智クッション2.JPG
http://akechi-ht.com/

2017年01月20日

日本一過酷なハードエンデューロM.G.S.cup、高橋が2年連続で栄冠を手に

posted by IRC TIRE MCJ staff at 13:00 | レースレポート
G-NET 第1戦 M.G.S.cup
日時:1月8日
会場:佐賀県フィールド佐賀大和
天候:雨
コンディション:マディ
PHOTO&TEXT:ANIMALHOUSE

今年から「全日本選手権」となったG-NET2017。
その第1戦は昨年、チャンピオン高橋博のみが一周できたという国内最凶の異名を持つフィールド佐賀大和でおこなわれるM.G.S.cupとなった。今回はその難易度を若干下げて半分ほどにするとのことだったが、それでもやはりコースの難易度は十分すぎた。

DJI_0021.jpg

さらに前日から降った雨が拍車をかけて、一周できないライダー続出のいかにもG-NETにふさわしい荒れた開幕戦となった。

_Q6T9509.jpg

昨年のチャンピオン高橋博は、一周目の序盤に、勝負所である一つ目のヒルクライム、藤田坂で前走者をパス。そのままレース終了までトップを守り抜いた。

_Q6T0938.jpg

また、難所の一つ、大きめの岩が続く沢のセクションでは、雨で滑るところをiX-09W GEKKOTAが実力を発揮。これには高橋も「今回の沢のような場所だとやっぱりゲコタですね。あういうストップアンドゴーのセクションでは、これに勝るものはないと思います」と、思わず唸った。

_Q6T0397.jpg

高橋に続いて、2位を獲得したのは、同じくiRCサポートライダーの熊本悠太。2016年シーズンはJECで年間ランキング5位を獲得、G-NETだけでなくJECやJNCCにも参戦予定だというマルチライダーは、終始安定した走りを展開。

_Q6T0926.jpg

「セクションひとつひとつをこなしていって、自分との戦いができました」と、熊本自身も納得の結果となった。

_Q6T9782.jpg

ゼッケン3、チームG-NET/iRC/BLAZEマウンテンの河津浩二は2周を回り6位となった。

高橋博
TEAM BETA ENJOIS
RR2T300
前:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.65)
後:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.39)

「どの大会でも勝負どころっていうのはあって、今回もいくつか勝負どころは分かっていました。特に雨が降って黒土のターンが入るところはすごく難しいので、そこまでにトップになれればいいな、と。ずっとトップの後ろをついて走ってて少し焦りましたが、一周目最初の勝負どころの藤田坂で前走者が下見に入ったところを抜くことができました。
やっぱりシーズンが終わってちょっとホッとした隙に、ライバルたちが強くなってくるんじゃないかと勝手に不安になっていたところがあったので、結果が出せてよかったです。今年の予定としては、G-NETに全戦出場します。また、海外でのレースもあるかもしれません」

熊本悠太
TEAM BETA バイカーズベア with CFC
X-trainer250
前:ix-07S(空気圧0.5)
後:iX-09W GEKKOTA(空気圧0.3)

「今シーズンからG-NETはクロストレーナーをおろして、他のレースはRR2Tで。タイヤとマシンに助けられて、2位を獲得することができました。トップのロッシさんは見えませんでしたけど、どこが嫌だったっていうのもないし、一つ一つのセクションをこなしていく感じで、ミスがなかったのが良かったです。
今回、ゲコタのグリップ力が素晴らしく、どんどん前に進むので、僕の動きが逆に遅れているぐらいでした。タイヤのセレクトがバッチリ決まりましたね。2017年シーズンは、JEC全戦、G-NETはできるだけ、JNCCも何戦か参戦予定です。モトクロスの練習もして、また良いところで走れるよう頑張りたいと思います」

2016年11月18日

前橋孝洋の初優勝、劇的なJEC北海道ラウンド

posted by IRC TIRE MCJ staff at 21:48 | レースレポート
JEC第3/4戦 日高ツーデイズエンデューロ
日時:9月16〜17日
会場:北海道・日高町周辺
天候:雨
コンディション:マディ

全日本エンデューロ選手権第3、4戦日高ツーデイズエンデューロが今年も北海道日高町で開催。昨年は世界最大のエンデューロレースであるISDEに近づけた3日間のレーススケジュールであったが、今年は例年通り2日間でのレースとなった。8月に北海道を襲った台風の影響もあり開催が危ぶまれたが、大会関係者の尽力もあって、無事に32年目を迎えることが出来た。しかし、町のあちこちに台風の爪痕が残されており、まだまだ元の状態に戻るには時間が掛かりそうだ。コースも、100kmを超える距離の予定が61kmに短縮された。

1日目は夜明け前から雨が降り続いたものの、ライダーがスタートラインについた頃に雨は上がり、路面はマディコンディション。曇り空ではあったものの、雄大な日高の景色の中でレースが開催された。変わって2日目は朝から大雨、結局両日ともマディでのレースとなった。2日目のレース後半はコースのいたる所で渋滞が発生、多くのライダーが遅着を余儀なくされ、結局、最終テスト区間はのちにキャンセルとなった。

hdiaka-1.jpg

hdiaka-2.jpg


日高ツーデイズエンデューロ1日目に見事初優勝飾ったのは期待の若手、前橋孝洋。オープニングラップ、前橋は1つ目のテスト区間をトップタイムで通過し、その後も2周目にタイムを落としたものの、最後のテスト区間での集中した走りを展開。結果的には、2番手以下に19秒の差をつけ、嬉しい初優勝となった。

和泉拓は両日とも安定した走りで総合6位。小菅浩司は難しいコンディションながらベテランの走りで1日目5位、2日目7位で総合7位を獲得した。小菅泰輝は2日目に一時5番手タイムを叩き出し、総合8位となった。

hdiaka-4.jpg

hdiaka-3.jpg

前戦阪下大会で初の表彰台を獲得した熊本はファイナルクロスで3位につけるも、テストでは思ったようにタイムが出せず、総合10位。荒川一佳は2日目で惜しくも順位を落とし、総合14位となった。大川原潤は両日18位で総合17位。在原勉は1日目3位、2日目2位と好調をキープしていたが最後のファイナルクロスで18位に落ち込み、総合5位を獲得した。

hdiaka-5.jpg

hdiaka-6.jpg

hdiaka-7.jpg

hdiaka-8.jpg