IRC TIRE MOTORCYCLE TIRE SITE

2018年03月30日

VE-33s GEKKOTAを販売開始します

posted by IRC TIRE MCJ staff at 17:53 | 新製品情報
大変長らくお待たせしました!

遂にエンデューロタイヤの新製品、VE-33s GEKKOTAを発売します!


タイヤの詳細ページはこちら

皆様からのご注文をこころからお待ちしております!

2018年02月28日

3月3,4日雛祭りハードエンデューロにブース出展いたします

posted by IRC TIRE MCJ staff at 17:35 | イベント案内&レポート
3月3日、4日に開催される 雛祭りハードエンデューロ in スラムパークにブースを出展いたします。
当日はVE33を多めに、IX-09 GEKKOTAも数セット持ち込む予定です。

4月発売予定の新商品VE33s GEKKOTAの展示も行います!
26972112_1863223327083507_2122744405_o.jpg

皆様のお越しを心からお待ちしております!

CGC Webサイト
http://cgcenduro.jp/event/4285.html

2018年01月17日

新製品発売時期のご案内

posted by IRC TIRE MCJ staff at 13:37 | 新製品情報
今年発売を予定しております新製品の発売時期についてご案内致します。

製品名 : RX-03 SpecR 
発売時期: 4月末頃の予定

26942437_1863223443750162_1597817010_o.jpg

製品名 : VE-33s GEKKOTA
発売時期: 4月初旬の予定

26972112_1863223327083507_2122744405_o.jpg

上記2製品につきましては2018年カタログに掲載させていただき、現在発売に向けて準備を進めております。

2018カタログ(PDF)
http://www.irc-tire.com/ja/mc/
弊社ウェブサイトの下部にダウンロードボタンがございます。
(26MBございます)

RX-03掲載ページ(0.8MB):
http://www.irc-tire.com/ja/mc/irc_mc_catalog_RX03.pdf

VE-33s GEKKOTA掲載ページ(1.9MB):
http://www.irc-tire.com/ja/mc/irc_mc_catalog_VE33gekkota.pdf


発売準備が整い次第、改めてご案内致しますので販売店様、代理店様へのご注文等はもう暫くお待ちいただきたく宜しくお願い申し上げます。

2017年12月18日

JEC SUGO2DAYSエンデューロ、熊本悠太が自己新記録となる年間ランキング3位を獲得

posted by IRC TIRE MCJ staff at 11:43 | レースレポート
JEC 第5戦、第6戦 SUGO2DAYSエンデューロ
日時:11月25日〜26日
会場:宮城県スポーツランドSUGO
天気:雨
コンディション:マディ
PHOTO&TEXT:アニマルハウス

_Q6T4626.jpg

今年は例年に比べ冬の訪れが早く、このSUGO2DAYSエンデューロも雪予報が出ていた。しかしDAY1当日、降っていたのは雪ではなく雨。レースのために用意された渾身のルートはほとんどがカットされ、舗装路を使ってテストのみを生かし、レースが行われた。

_Q6T4190.jpg

第3戦の日高DAY1を制した前橋孝洋、日高まで使用した250EXCから4ストロークの250EXC-Fへマシンをチェンジした影響か、今大会は苦戦を強いられた。DAY1、2周目のエクストリームテストでは18番と大きくタイムを落としてしまう。その後、得意のエンデューロテストでは4周目に4番をマーク。DAY1を9位で終えた。DAY2でもエクストリームテストを中心にタイムを落としてしまい、10位。今シーズン、怪我の影響で第1戦を欠場したが年間ランキング6位につけた。

_Q6T4754.jpg

熊本悠太はDAY1、2周目のエクストリームテストで15番と大きく落としてしまうが、3周目は5番、4周目には4番と調子をあげていった。滑る路面に苦戦しながらも慎重な走りを見せ、DAY1を7位で終えた。DAY2もエクストリームテストで5番時計を2回記録し、9位。熊本はこれで年間ランキング3位。

_Q6T4425.jpg

地元、宮城の和泉拓は熊本と同じくG-NETシリーズにも参戦しており、難所を得意とする。2周目のエクストリームテストで5番時計を出し、リードを稼ぐが後半にはタイムが伸び悩み、DAY1は14位となった。DAY2でもエクストリームテストで8番時計を2回出し12位。ランキング10位で今シーズンを終えた。

_Q6T5662.jpg

また、IBクラスの新沼光は日高2DAYSを終えてランキング1位。年間チャンピオンとIA昇格を目指し、今大会に挑んだ。DAY1では一部エクストリームテストで大きくタイムを落としてしまう場面もあったが、概ね順調にレースを運んだ。しかし、レース後のワークタイムで痛恨の遅着を喫し、ペナルティを3分加算され14位となってしまった。DAY2では見事クラス1位を獲得、年間チャンピオンこそ逃してしまうが、年間ランキング2位に入り目標のIA昇格を決めた。

_DSC2676.jpg

前橋孝洋
モトクラブオープンエリア
KTM 250EXC-F
前:iX-09w (ムース)
後:BR-99 140サイズ(ムース)

「昨年程ではないですが、金曜日に降った雨の影響でマディのレースになりました。今回からISDEで使用したのと同じKTM250EXC-Fを使用しましたが、テクニカルで滑りやすくコース幅の狭いテストを上手く走り切る事が出来なかったです。ですが、IRCタイヤのグリップは素晴らしく、確実に前へ進むことができました。特にファイナルクロスでは安心して攻めることができました」

熊本悠太
Team BETAバイカーズベア
BETA RR2T300
前:iX-07S ムース(0.8kgf/㎠相当)
後:BR-99 ムース(0.8kgf/㎠相当)

「Day1の朝一はルート、テストともスリッピーな路面でしたので様子を見て走りました。コーナリングとアクセルを開けるポイントを気をつけて走る事で、グリップ感も掴め安定して走れたと思います。とくにフロントのiX-07sは荒れた路面でもしっかりと地面に刺さってくれて走りやすかったです。Day2では路面コンディションも少し回復し、タイヤの接地感を良く感じられて安心して走る事ができました。
結果、年間ランキング3位でシーズンを終えることができました。上位に入ることは厳しかったですが、他の選手が崩れる中で僕自身は大きく崩れることもなく安定して走る事が出来たと思います」

和泉拓
Team Beta ストレンジモーターサイクル IRC
BETA X-TRAINER250
前:iX-07s (ムース)
後:BR-99 140サイズ(ムース)

「リアタイヤはツーリストと悩みましたが、パンクのリスクを考えてBR-99とムースの組み合わせを選択しました。今回はタイヤ交換をせず、2日間1セットで走りましたが、タレることも無くファイナルクロスまでグリップの良い状態をキープしてくれました。特にリアのBR-99は沢でのグリップが秀逸でした」

新沼光
Team Beta ストレンジ IRC
BETA RR2T250
前:iX-09w (柔らかめムース)
後:BR-99 (硬めムース)

「フロントタイヤのiX-09wはレースで使うのは初めてだったのですが、iX-07sと比べてハード路面向きでSUGOの硬い土質によく合い、ツルツルな路面でも転倒の不安なく走ることができました。柔らかめのムースを使うことでぬかるみや岩といった硬いタイヤが不得意な場面でもグリップ力を発揮してくれました。リアのBR-99も路面状況がよく伝わってくるので積極的な走りができました。難所にも強く、高速域でのグリップ力と剛性もあり、エクストリームテストからファイナルクロスまでオールラウンドに役に立ってくれました。年間チャンピオンは逃してしまいましたが、DAY2で1位を獲ることができ、IA昇格も決まりましたのでよかったです」

2017年11月28日

JNCC最終戦AAGP、斉木達也と出口隼飛がゲコタでシングルフィニッシュ

posted by IRC TIRE MCJ staff at 18:58 | レースレポート
JNCC最終戦AAGP爺ヶ岳
日時:11月5日
会場:長野県爺ヶ岳スキー場
天候:晴れ
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:アニマルハウス

ついに最終戦を迎えた国内最大級のクロスカントリーシリーズJNCC。爺ヶ岳スキー場はレース前日の土曜日に雨に降られたが、日曜日は快晴。レースはベストコンディションで開催された。
爺ヶ岳はガレセクションが多く、そこにウッズとゲレンデが混在したフィールドで、好成績を収めるためにはタイヤ選びが重要なカギを握る。
_DSC0934.jpg
最高峰のCOMP-AA1ライダー斉木達也は、毎回ここ爺ヶ岳ではガレに重点を置き、iX-09w GEKKOTAを選んでいる。ガレクライムやロックンロールリバーと名付けられた大小の石が敷き詰められたセクションで「人が走っていないラインをいかに速く走るか」が重要だと斉木は言う。
_Q6T8491.jpg
IMG_0726.jpg
IMG_0792.jpg
今回、斉木は一周目にアメリカからの招待選手のリッキー・ラッセルや、すでに今シーズンの年間チャンピオンを決めている小池田猛を追いかけ3位で走行。一時、小池田をパスして2位に上がる場面も見られたが、中盤に追い上げてきた渡辺学に抜かれ4位でチェッカーフラッグを受けた。

_Q6T8566.jpg
また、月山から次第に調子を上げてきている出口隼飛は不幸にも土曜日の選抜ワイルドクロスでマシンが故障してしまい、タイヤなど使える部品を移植してチームメイトのX-Trainerを借りて出走した。
_DSC1008.jpg
初めて乗ったマシンということもあり、前半は思うようにペースが上がらなかった。普段からVE33を愛用する出口は今回もVE33をチョイスしていたが、レース中盤にiX-09w GEKKOTAにチェンジ。ピットインで時間をロスし15位まで順位を下げてしまったものの、その後明らかにペースが上がり、最終的にはピットインする前の9位まで挽回した。

斉木達也
KTM japan Racing
350SX-F
前:iX-09w
後:iX-09w GEKKOTA
「今回は穴を開けて圧を下げたムースを使って走りました。ゲレンデはやはり少し滑りましたが、ウッズの中の根っこも普通に超えられましたし、相変わらずガレでは最強ですね。他のライダーが走っていないラインを狙って走ることで周回遅れも楽にパスできました。やっぱり爺ヶ岳はゲコタが無敵です。ただ、今回はコースの下見をする時間が取れておらず、ウッズで少し迷子になってしまい、小池田選手に離されてしまいました」

出口隼飛
ナグモータース&TNP
X-Trainer250
前:iX-07s 空気圧1.0kgf/㎠
後:VE33→iX-09w GEKOTTA 空気圧1.0kgf/㎠
「VE33がとてもよかったので、今年はVE33を基準にマシン作りをしてきました。タイヤに合わせてマシンを作り、乗り方もタイヤに合わせて変化させました。しかし今回は自分のKX250Fが走行不能になってしまい、使う予定だったVE33をそのまま借りたマシンに付け替えて使用したのですが、X-TrainerにはVE33よりもゲコタの方がよく合っていたように思います。タイヤをゲコタに変えてからガレ場でも安心して開けることができ、マシンに慣れてきたこともあって、ラスト5周くらいはタイムも良くなり、楽しく走ることができました」